Loading

BLOG

JF 2

今日の天気は晴れ。今日も良い感じのお昼ですね。
それでは今日も昨日の続き。ジョンフルシアンテ。

tumblr_o681okiZ991v4rxt9o1_400

昨日の紹介はこのアルバム母乳まで。

NEOIMP-9382

ちなみに当初この女の人の乳首は出ていたのですがもちろん色んな問題でこの花で隠すしように変更になりました。
ちなみにTシャツでは出ているバージョンもありますが珍しいのでもちろんとてもお高くなっています。。
そして1991年ジョンの本格参加のアルバムと言っていいBlood Sugar Sex Magikが発売されます。

61iY4rrKykL

前回のアルバムではヒレルの後釜感が少しありますがこのアルバムからはジョンの個性が随所に出てくる完成度の高いアルバムになっています。もちろんセールスも良くレッチリの大出世作品になりました。
ちなみにこの年1991年は90年代を代表するアーティストニルヴァーナのNever Mindが発売されレッチリとニルヴァーナは一緒にライブをしたりもしています。その時の映像がこちら。
フリーが共演。なんて豪華なんでしょう。。。

話はもどってジョン。
この曲もジョンらしいエッジが効いたカッティングのいい曲です。

ほかにも名曲が多いアルバムで、当時ファンク色が強かったレッチリで初のバラード曲でのヒット作、Under The Bridge
まさにジョン全開のギターフレーズですね。

tumblr_ogehqd0IAD1shcgseo1_500

アコースティック版もいい感じ。

tumblr_o7e8iujEEK1umougao1_500

今でもライブのアンコールに使われている名曲Give it Awayもこのアルバムの収録曲です。

バンドの急成長とともに順調だったはずのジョンのレッチリでの生活もこの後のワールドツアーで思い描いていた生活と徐々にずれが出てきます。。
続きはまた明日書きます。

tumblr_ohazkfTRac1tbvj72o1_1280

tumblr_ohgnm5rMlg1vudrwso1_500

それでは本日も商品紹介に行きたいと思います。

IMG_0258

毛足の長いウールにボタンタイプのノルディック柄カーディガンになります。
綺麗な柄の一枚でサイズは少しざっくりとしたシルエットになっています。この手のノルディックカーディガンはボタンを開けてきたときにどうしても裾広がりになってしまうつくりなのですがこちらは着用時を考えられ、襟元を内側に入れることでバランスよく着ることができる仕様になっています。
Tシャツの上からはおるだけでもいいアクセントになりお勧めです。

IMG_0262

IMG_0260

IMG_0259

以上になりますよろしくお願いします。

JF1

関連記事

  1. やっと時差ボケ治りました

    2016.04.14
  2. カートコバーン

    2016.01.16
  3. オンブレチェック

    2016.12.25
  4. Carhartt

    2017.05.04
  5. Ethnic

    2020.01.30
  6. デラックスサンフランシスコ

    2016.05.08

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POST

  1. The Who

    2020.06.10

  2. Jamiroquai

    2020.05.28

  3. The Meters

    2020.05.23

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP